HOME > 健康診断のご案内 > 特定健診

特定健診

特定健康診査とは、40~74歳の医療保険加入者を対象とした新しい健康診断です。目的は糖尿病や高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の発症や重症化を早期に発見し、予防すること。メタボリックシンドロームに該当する項目が複数ある受診者、またはその予備軍とされる受診者には、医師や保健師、管理栄養士などによる特定保健指導が行われます。
特定保健指導の内容は、受診者の状態に応じた3段階。情報提供、対面で動機づけ支援(原則1回)、積極的支援(3カ月~6カ月の継続的な指導)となっています。
特定保健指導は、企業の事業主の加入する健康保険組合と綜友会が契約を交わし行っております(集団契約)。

特定健診の対象

・40~74歳の医療保険加入者

検査によってみつかる病気

・メタボリックシンドローム、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症など

特定健診の特徴

生活習慣病の原因となるメタボリックシンドロームを早期に発見し特定保健指導します。
特定保健指導は保健指導対象者に行われます。
保健指導対象者の選定にはいくつかの条件があります。(下表参考)
専門病院も紹介可能です。 ※紹介状の費用は別途かかります。
健康診断は予約制です。

保健指導対象者の選定方法

特定保健指導の対象者のグループ分けの判定基準

腹囲
男性 85cm以上
女性 90cm以上
追加リスク対象
1. 血糖
空腹時血糖値
100mg/dl
以上
または
HbA1c
5.2%以上
2. 脂質
中性脂肪
150mg/dl
以上
HDLコレステロール値
40mg/dl
未満
のいずれかまたは両方
3. 血圧
収縮期血圧(最高血圧)
130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧)
85mmHg
以上
のいずれかまたは両方
4. 喫煙歴

最近一ヶ月以内に喫煙
40~64歳 65~74歳
腹囲が
基準値以上の人
1~3のうち2つ以上該当積極的支援動機づけ
支援
1~3のうち1つ該当あり
なし
該当しない情報提供
上記以外で
BMI25以上
BMI=
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
1~3のうち3つ該当積極的支援動機づけ
支援
1~3のうち2つ該当あり
なし
1~3のうち1つ該当
該当しない情報提供
腹囲もBMIも正常情報提供
(注1)ハイフンの欄は、上の欄の追加リスクが階層化の判定に関係ないことを意味する。
(注2)糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧症の治療に係る薬剤を服用している者を除く。
(注3)腹囲の測定に代えて内臓脂肪面積の測定を行う場合には、「腹囲が基準値以上の人」は「内臓脂肪面積が100cm2以上の人」と読み替える。


付帯する検診も同時に受診することが可能です。その他の健康診断はこちらから

pagetop