HOME > 健康診断のご案内 > 各種健康診断の検査項目と検査内容

各種健康診断の検査項目と検査内容

一般健康診断、学校総合健診、生活習慣病予防健康診断、特定健診等のそれぞれにて検査できる項目をご案内いたします。

一般健康診断(労働安全衛生法 第66条1項)

・雇入時の健康診断(労働安全衛生規則 第43条)
常時使用する労働者を雇い入れるときは、下記の項目について健康診断を行う必要があります。
健康診断項目の省略はできません。

・定期健康診断(労働安全衛生規則 第44条)
常時使用する労働者に対し1年以内ごとに1回、定期に下記の項目について健康診断を行う必要があります。

・特定業務従事者の健康診断(労働安全衛生規則 第45条)
特定業務に常時従事する労働者に対し、当該業務への配置替えの際及び6カ月以内ごとに1回、定期に下記の項目(定期健康診断)について健康診断を行う必要があります。
この場合において、胸部エックス線検査については、1年以内ごとに1回、定期に行えば足りるものとされています。
年2回の貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査のうち1回は、医師が必要でないと認めるときは、省略することができます。

※深夜業に従事する労働者の自発的健康診断(労働安全衛生法 第66条の2)
深夜業に従事する労働者の健康の保持を考慮して、自ら受けた健康診断の結果を証明する書面を事業者に提出することができます。
できる限り一般健康診断の定期健康診断の項目を実施し、省略をしないことが望ましいとされています。

・海外派遣労働者の健康診断(労働安全衛生規則 第45条の2)
労働者を海外に6カ月以上派遣しようとするときは、あらかじめ下記の項目(定期健康診断)について健康診断を行う必要があります。
また、海外に6カ月以上派遣した労働者を国内における業務に就かせるときも下記の項目(定期健康診断)について健康診断を行う必要があります。
6カ月以内に一般健康診断を受診している場合には、その項目は省略して行うことができます。

平成22年4月1日現在
検査項目検査内容雇入時の
健康診断
定期健康診断
A.39歳以下
(35歳を除く)
B.40歳以上
(35歳を含む)
既往歴及び業務歴の調査
自覚症状及び他覚症状の有無の調査
身長、体重、腹囲、視力
及び聴力の検査
身長
体重
腹囲
視力(5m)
聴力会話法○41~44歳
聴力オージオメーター
(1000Hz・4000Hz)
 
35・40・45歳以上
胸部エックス線検査胸部エックス線撮影
血圧の測定血圧
血液検査
肝機能AST(GOT) 
ALT(GPT) 
γ-GT(γ-GTP) 
血中脂質LDLコレステロール 
HDLコレステロール 
中性脂肪 
血糖空腹時血糖 
貧血赤血球数 
血色素量 
尿検査
蛋白
心電図検査心電図
(安静時 12誘導)
 

○:法令に基づく必須項目
△:医師の判断等に基づき選択的に実施する項目

<省略することができる場合>
・身長 20歳以上は医師が必要でないと認めるときは、省略することができる。
・腹囲 40歳未満。妊娠中の女性その他の者であって、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断されたもの・BMIが20未満である者・BMIが22未満であって、自ら腹囲を測定し、その値を申告した者は、省略することができる。
・聴力 45歳未満(35歳・40歳を除く)は医師が適当と認める聴力(1000Hz又は4000Hzの音に係る聴力を除く。)の検査をもって代えることができる。
・胸部エックス線撮影 平成22年4月1日施行の労働安全衛生法の改定によって、医師が必要ないと認めるときに限り一部の対象者は省略することができます。(医師の判断には確実な根拠が必要です。)詳しくはお問合わせください。

学校総合健診の検査項目と主な検査内容

<関連する法令>
・就学時の健康診断(学校保健安全法 第2章第3節第11条)(学校保健安全法施行規則 第2章第1節)
  市区町村の教育委員会は、翌学年の初めから学校に就学させるべき者で、当該市区町村の区域内に住所が有る者の健康診断を行う必要があります。
 

・児童生徒等の健康診断(学校保健安全法施行規則 第2章第3節第13条)(学校保健安全法施行規則 第2章第2節)
 毎学年定期に下記の項目について児童生徒等の健康診断を6月31日までに行うものとされています。

・職員の健康診断(学校保健安全法施行規則 第2章第3節第15条)(学校保健安全法施行規則 第2章第3節)
 毎年定期に下記の項目について学校職員の健康診断を適切な時期に行うものとされています。

児童生徒等の健康診断

平成18年1月31日現在
検査項目検査内容



小学校中学校高等学校
1
2
3
4
5
6
1
2
3
1
2
3
保健調査アンケート
身  長 
体  重
座  高
栄養状態 
脊柱・胸郭
四  肢
骨・関節
 
視  力

裸眼の者裸眼視力
眼鏡等をしている者矯正視力
裸眼視力
聴  力オージオメータ
 
耳鼻咽喉頭 
皮  膚 
歯及び口腔 
結  核問診・学校医による診察     
エックス線間接撮影          
1学年
(入学時)
エックス線直接撮影
ツベルクリン反応検査
喀痰検査等
     
エックス線直接撮影
喀痰検査・聴診・打診
          
心  臓臨床医学的検査
その他の検査
心電図検査
尿試験紙法蛋白
寄生虫卵直接塗沫法
セロハンテープ法
呼 吸 器
循 環 器
消 化 器
神 経 系
臨床医学的検査
その他の方法
(注)◎ ほぼ全員に実施されるもの
  ○ 必要時または必要者に実施されるもの
  △ 検査項目から除くことができるもの

職員の健康診断

平成22年2月1日現在
検査項目検査内容職員の健康診断
34歳以下・36~39歳35歳40歳以上
身長、体重及び腹囲身長
体重
腹囲 
視力及び聴力視力(5m)
聴力会話法  
聴力オージオメーター(1000Hz・4000Hz) 
結核の有無胸部エックス線撮影
胃の疾病及び異常の有無胃部エックス線撮影  
血圧の測定血圧
血液検査
肝機能AST(GOT) 
ALT(GPT) 
γ-GT(γ-GTP) 
血中脂質LDLコレステロール 
HDLコレステロール 
中性脂肪 
血糖空腹時血糖 
貧血赤血球数 
血色素量 
尿検査
蛋白
心電図検査心電図(安静時 12誘導) 
喀痰検査喀痰細胞診

○:法令に基づく必須項目
△:医師の判断等に基づき選択的に実施する項目

<省略することができる場合>
・身長 20歳以上は医師が必要でないと認めるときは、省略することができる。
・腹囲 妊娠中の女性その他の者であって、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断されたもの・BMIが20未満である者・BMIが22未満であって、自ら腹囲を測定し、その値を申告した者は、省略することができる。
・聴力 45歳未満(35歳・40歳を除く)は医師が適当と認める聴力(1000Hz又は4000Hzの音に係る聴力を除く。)の検査をもって代えることができる。
・喀痰検査 胸部エックス線検査において結核等の所見のない場合省略することができる。

生活習慣病予防健康診断の検査項目と検査内容

・生活習慣病予防健康診断の基本項目は、下表の内容で行っています。
受診場所によっては受けられない項目もあります。詳しくはお問い合わせください。
なお、おおむね同様の項目で巡回健診も行っています。

生活習慣病予防健康診断

平成22年6月19日現在
検査項目検査内容生活習慣病予防健診
協会
けんぽ
第二臨海高戸橋
既往歴及び業務歴の調査
喫煙歴及び服薬歴  
自覚症状及び他覚症状の有無の調査
身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査身長
体重
腹囲
標準体重
肥満度 
BMI
視力(5m)
聴力オージオメーター(1000Hz・4000Hz)
胸部エックス線検査胸部エックス線撮影
胃部エックス線検査胃部エックス線撮影
血圧の測定血圧
血液検査肝機能AST(GOT)
ALT(GPT)
ALP 
γ-GT(γ-GTP)
血中脂質総コレステロール 
LDLコレステロール
HDLコレステロール
中性脂肪
尿酸尿酸
腎機能クレアチニン
血糖空腹時血糖
HbA1c  
白血球白血球数
貧血赤血球数
血色素量
ヘマトクリット
MCV 
MCH 
MCHC 
血小板血小板数付加
尿検査
蛋白
潜血
心電図検査心電図
(安静時 12誘導)
眼底検査眼底(両眼)△付加
腹部超音波検査腹部超音波付加 
子宮がん検査子宮頚部細胞診 
大腸がん検査免疫学的便潜血反応検査

 ○:綜友会の実施項目
 △:医師の判断等に基づき選択的に実施する項目
 ☆オプション項目(自己採取)


 付加:付加健診の項目
 尿検査           尿沈渣顕微鏡検査
 血液学的検査       血小板数、末梢血液像
 生化学的検査       総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、アミラーゼ、LDH
 眼底検査          眼底検査
 肺機能検査        フローボリュームカーブ
 腹部超音波検査     肝、胆、腎、脾、膵

 ※:乳がん・子宮がん検診の項目
 乳がん検診        問診、視診、触診、乳房エックス線検査
 子宮がん検診      問診、膣脂膏顕微鏡検査(スメア方式)

特定健診の検査項目と検査内容

特定健診の検査項目と、主な検査方法は以下のとおりです。
その他の診断と組み合わせることも可能です。詳しくはお問い合わせください。

平成22年2月1日現在
検査項目検査内容特定健診
法令
既往歴及び業務歴の調査
喫煙歴及び服薬歴
自覚症状及び他覚症状の有無の調査
身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査身長
体重
腹囲
BMIの測定BMI
血圧の測定血圧
血液検査肝機能AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
血中脂質LDLコレステロール
HDLコレステロール
中性脂肪
血糖空腹時血糖
貧血赤血球数
血色素量
ヘマトクリット
尿検査
蛋白
心電図検査心電図
(安静時 12誘導)
眼底検査眼底

 ○:法令に基づく必須項目
 △:医師の判断等に基づき選択的に実施する項目

特殊健康診断の検査項目と検査内容

一部の健康診断は巡回のみの実施となります。

じん肺健康診断(じん肺法第3条)

対象業務または労働者
 じん肺法施行規則第2条、同別表に掲げる粉じん作業従事者
検査項目
 詳しくは、じん肺法第3条をご覧ください

高気圧業務健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条1項第1号)

対象業務または労働者
 詳しくは、高気圧作業安全衛生規則第38条をご覧ください
検査項目
 詳しくは、高気圧作業安全衛生規則第38条をご覧ください

電離放射線健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条1項第2号)

対象業務または労働者
 詳しくは、電離放射線障害防止防止規則第56条をご覧ください
検査項目
 詳しくは、電離放射線障害防止防止規則第56条をご覧ください

特定化学物質健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条1項第3号・第2項)

対象業務または労働者
 1.労働安全衛生法施行令別表第3第1号若しくは第2号に掲げる特定化学物質を製造し、若しくは取り扱う業務、同第16条第1項各号に掲げる物を試験研究のため製造し、若しくは使用する業務。(例外有り)
 2.労働安全衛生法施行令第22条第2項に掲げる物を製造し、若しくは取り扱う業務
検査項目
 詳しくは、特定化学物質障害予防規則第39条、同則別表第3・4をご覧ください

鉛健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条第1項第4号)

対象業務または労働者
 詳しくは、鉛中毒予防規則第53条をご覧ください
検査項目
 詳しくは、鉛中毒予防規則第53条をご覧ください

四アルキル鉛健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条第1項第5号)

対象業務または労働者
 詳しくは、四アルキル鉛中毒予防規則第22条をご覧ください
検査項目
 詳しくは、四アルキル鉛中毒予防規則第22条をご覧ください

有機溶剤等健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条第1項第6号)

対象業務または労働者
 詳しくは、有機溶剤中毒予防規則第29条をご覧ください
検査項目
 詳しくは、有機溶剤中毒予防規則第29条、同則別表をご覧ください

石綿健康診断(労働安全衛生法施行令 第22条1項第3号・第2項)

対象業務または労働者
 詳しくは、石綿障害予防規則第40条をご覧ください
検査項目
 詳しくは、石綿障害予防規則第40条をご覧ください

VDT検診の検査項目と検査内容

VDT検診の検査項目と、主な検査内容は以下のとおりです。 詳細は、「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」6(1)をご覧下さい

検査項目検査内容配置前
健康診断
定期
健康診断
業務歴の調査
既往歴の調査
自覚症状の有無の検査眼疲労を主とする視器に関する症状
上肢、頸肩腕部及び腰背部を主とする筋骨格系の症状
ストレスに関する症状
眼科的検査視力検査5m視力の検査
近見視力の検査
屈折検査(SPH・CYL・AXIS)
眼位検査
立体視機能検査
調節機能検査(近点距離の測定)
眼圧検査
筋骨格系に関する検査上肢の運動機能、圧痛点等の検査
握力検査
タッピングテスト

 ○:綜友会の実施項目
 △:医師の判断等に基づき選択的に実施する項目

各種健診におけるご注意事項

・健康診断は病気を見つけるものではなく、あくまでも現在の健康状態の確認と、病気の兆候と疑われるものがあるかを確認するものです。長期間体調が優れない場合や、気になる箇所がある場合は、病院での早めの受診をおすすめします。
・検診中、何らかの病気が疑われる場合、健康診断に含まれない検査を同時にする必要がある場合が稀にあります。
その場合は保険診療となりますので、保険証をご持参することをおすすめします。

pagetop