HOME > 環境への取り組み

環境への取り組み

地球の環境保全が叫ばれる今日、綜友会では医療活動を中心とする日々の活動の中で、以下の理念・方針に従って貢献していくことをお約束します。

環境理念

私たち綜友会は、環境問題が人類共通の課題であることを認識し、人類が健康で快適な生活を営むにふさわしい環境の保全に努めるため、地球環境と調和を目指した医療活動を行い、安全で安心な医療を確保するために永続的に取り組む。

環境方針

環境理念実現のため、綜友会各部門の手法を開発し環境に優しい、安心で信頼される医療体制を確立するため、次の課題に取り組む。

1.綜友会は、医療の提供にあたり常に自然環境への影響を徹底して研究、検討し環境保全を最優先に考え、環境汚染防止を行う。
2.文書管理体制を整備、運用し、業務効率をアップする。
3.感染性廃棄物をはじめとする廃棄物の適正処理と抑制を行う。
4.環境に関する諸法規については厳に、これを順守するとともに綜友会が同意する基準及び協定についても、これを順守し地域住民との緊密な連携のもとに環境保全を行う。
5.全職員の環境問題に対する意識を常に啓発し、環境管理システムの構築・強化を図り、環境目標の定期的見直しを行うとともに継続的・効果的な改善を行う。
6.この方針は、綜友会の全役員及び全職員に周知・徹底するとともにホームページに掲載し外部にも公開する。

平成16年10月27日制定
平成25年 8月22日改定
医療法人財団 綜友会
理事長 鈴木 武夫


pagetop