HOME > 綜友会について > 綜友会の沿革

綜友会の沿革

綜友会は20年以上にわたり、学校や企業、官公庁における健康診断をはじめ、地域の集団検診、巡回健診など各種検査を行ってきた医療法人財団です。

1988年 4月

日本自動車ターミナルの要望により江戸川区臨海町葛西トラックターミナル内に臨海クリニック開設

1992年 7月

医療法人財団 綜友会を設立し、千代田区三番町を本部事務所とする
健康診断部門を開設し企業健康診断に力を注ぐ

1992年 8月

東京都トラック協会江戸川支部の要望により江戸川区西葛西に第二臨海クリニックを開設

1994年 1月

東京商工会議所協力機関となる

1995年 5月

第二臨海クリニックが東京都福祉局より全国健康保険協会管掌健康保険成人病予防検診の指定医療機関となる

1999年 1月

第二臨海クリニックが日本病院会指定医療機関となる

1999年 2月

健康診断部門の充実を図る目的で、新宿区高田馬場に従たる事務所を設立する

1999年 4月

東京都職員共済組合指定医療機関となる

2001年 11月

社団法人全国労働衛生団体連合会の総合精度管理事業参加機関になる

2002年 4月

東京都指定入札管理資格者となり、健康診断を実施する

2005年 6月

ISO14001取得

2006年 1月

東京都総合組合保健施設協会参加機関になる

2007年 6月

労働衛生サービス機能評価機構より認定を受ける

2007年 12月

プライバシーマーク(Pマーク)認定を受ける

2008年 4月

新宿区高田馬場にエムティクリニック開設

2009年 4月

特定健康診査 特定保健指導に係る集合契約締結

2010年 6月

エムティクリニック閉院

2010年 7月

高戸橋クリニック開院

pagetop